adeb03e1519a8017587ee015108d0462_m

新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

2016年最初の投稿ということで、2016年の訪日外国人の動向を大胆予想してみたいと思います。

2016年の訪日外国人

2010年から見ると、861万人、622万人、836万人、1,036万人、1,341万人(四捨五入)と
東日本大震災は一時期落ち込んだものの、その後、上向きに転じています。
今年は、まだ11月までしか算出されていませんが、1,796万人が訪れました。

国別では、1位、中国 465万人 2位、韓国 358万人 3位、台湾 341万人

1位はみなさんの予想通り?中国人ですね。
今年は、流行語大賞にも選ばれた「爆買い」が話題となり、日本の各地で中国人たちが
大量に家電製品などを購入していました。
中国は昨年の2014年から比べて、なんと104%増でした。倍です。すごいですね・・・。

なぜ訪日外国人が増えたのか?

原因は主に2つあると言われています。
それは、ビザの緩和と円安です。

1つ目のビザの緩和は、2010年に中国のビザを緩和したところから、アジアの各国に対し
大幅なビザの緩和を政府は進めてきました。
そこから年々アジア人の訪日が進み始め、中国人以外も日本に多く訪れるようになりました。

2つ目は円安。こちらはアジアだけではなく、欧米やヨーロッパなどの訪日外国人を多く
増やした要因ともなっています。

しかし、私は1番の要因は東京オリンピックの開催が決定したことにあると思っています。
滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」で有名な、日本のプレゼンテーションですが、
あのプレゼンテーションを絶賛していたのは、日本だけではなく、
各国が素晴らしいと絶賛していたことをご存知でしょうか?

上の2つの要因と、あのプレゼンテーションで日本が注目されたこともあり、
訪日外国人が増え続けているのではないでしょうか?

2016年大胆予測

さて、いよいよ2016年を予測して行きたいと思います。

2016年訪日外国人数

ずばり
2,200万人!!

毎年300万人、400万人と増え続けてきた訪日外国人ですが、今年は少し落ち着くのでは?
と予想しております。
中国人も爆買いの傾向が少し変わってきており、買い物はあるかもしれませんが、
爆発とまではいかなくなってくるでしょう。

今、観光ツアーで訪れることが多いアジア人ですが、リピーターになると個人的に旅行する人が
多くなっています。これからは、少しツアーが減り、個人で日本を楽しむという旅行客が増えると予想しています。

これから、アジア人は少し減り、その代わりにアジア以外の方が増えるのではないでしょうか?

これからは地方?

現在は、東京や大阪、京都などいわゆる観光地などに足を運んでいる訪日観光客ですが、
先ほども書いたように、今リピーターがどんどん増えております。

彼らが求めているのは、観光化された日本ではなく、

「日本・日本人の本当に姿」

だそうです。

観光地は、もちろんまだまだ観光客が減退することはありませんが、日本を好きになってくれた
外国人が地方を目指して、旅行をするということが実際に増えています。

現段階では、まだまだ少ないですが、これからは地方もインバウンド対策に力を入れていかないと
遅れを取ってしまうかもしれません。

まとめ

新年最初なのに、まとまらない文章になってしまいました。
書くことが多く、ここに書けなかったので、随時詳細として細かくアップしていきたいと思います。

いよいよ東京オリンピックまで5年を切りました。
観光地、地方に関わらず、インバウンド対策をしっかりとしていくことがこれからの課題になります。

5年というのはまだまだ先のことかもしれませんが、インバウンド対策は急にはできません。
早めの対策をしておきましょう。

今年もよろしくお願い致します。